NEWS

お知らせ

2019.03.08

【定員になりました】春休み子ども教室開催のご案内


※3月26日(火)、27日(水)とも定員になりました。たくさんのお申込みありがとうございました。

~粘土で動物をつくろう~

指導:上席学芸員 高槻成紀  補助:麻布大学学生

石こうのようにできあがる石粉ねんどをつかって、どうぶつの人形をつくります。
それぞれのどうぶつをつくるコツを大学の先生や大学生がわかりやすくおしえます。

◆日時:平成31年3月26日(火)、27日(水) 午前10時~12時

◆場所:麻布大学いのちの博物館(相模原市中央区淵野辺1-17-71)

◆対象:小学生<定員:各回先着36人> ※ご好評につき、定員を増員しました。

◆持ち物:色鉛筆(水彩色鉛筆が理想的ですが、普通の色鉛筆でもかまいません)、
     絵の具セット、おしぼり、タオル
     粘土作品を持ち帰るための箱(縦15㎝×横20㎝×高さ15㎝程度)

◆申込み方法:メール、FAX、電話にて直接博物館へお申込みください。
 ・メールの場合  (24時間受付可)
   氏名(ふりがな)、性別、年齢、学校名、保護者氏名、保護者同伴の有無、緊急時の連絡先、
   メールアドレス、住所を記入の上、museum@azabu-u.ac.jpにお送りください。
 ・FAXの場合 (24時間受付可)
   こちらの用紙 をダウンロードし、042-850-2520に送信ください
 ・電話の場合 (火曜日~土曜日10:00~16:00)
   042-850-2520にお電話ください。

申込み締切り:平成31年3月22日(金)

<参考>
動物によっては、粘土でつくるのは難しすぎるものもあります。
あらかじめ以下の中から選んでおいてください。これらのほかでも、好きな動物があれば、事前に、あるいは当日申し出てください。
201903museum_sample

使う粘土は白い粘土(紙粘土ではなく石粉粘土です)です。これで形を作り、あとで色を塗ります。
これまで、この教室用に作った粘土模型を紹介します。
20190311_1

シカの模型は右側は色を塗る前、左側は丁寧に色を塗り、プラスチックの目を入れたものです。
タヌキのほうは色鉛筆で簡単に色を塗っただけです。
当日は粘土での形の整えかた、できた粘土への色の塗り方を学びます。
20190311_2

20190311_3

◆ご注意
 *2日間のうち、いずれか1日のみ お申し込みいただけます。
 *お車での来校はご遠慮ください。なお、自転車は校内に駐輪できます。
 *保護者の方は館内ロビー等でお待ちいただけますが、教室への参加はできません。
 *詳しくは、麻布大学いのちの博物館のホームページ( https://life-museum.azabu-u.ac.jp )をご覧ください。
 *前日までにこちらから連絡がない場合は、ご案内のとおりご参加ください。
 *申込み後にキャンセルする場合は、必ずお早めにご連絡ください。
 *教室の様子は写真等で記録し、いのちの博物館ホームページ等に使用させていただきます。
  ご了承の上、お申し込みください。
 *個人情報については、この行事以外の目的には使用しません。
 *ご不明の点は、博物館(上記)までお問い合わせください。

201903kodomo900_2

LOOK UPその他コンテンツ

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

ご予約はこちら

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

ご予約は
こちら

当館で保有している標本を学習教材として貸出をしております。

学習教材の
貸出