ABOUT

はじめに

いのちの博物館では、「研究内容、 動物標本、 歴史資料」を広く社会に紹介しています。

麻布大学は獣医学の学校から始まり、現在では環境にも取り組む大学になりました。大学で研究を行うと、標本をはじめとする学術的に価値のある資料が生まれます。また、教育のための教材もあります。これら学術資材を博物館で保管することは、大学の使命のひとつで、麻布大学にとっても長年の夢でした。その博物館が、創立125周年に本学の目的を象徴する「いのち」の博物館という名前で設立されることは、大きな喜びです。
麻布大学いのちの博物館では、先人が残された貴重な遺産を継承するとともに、「1.研究内容、 2.動物標本、 3.歴史資料」を広く社会に紹介しています。
麻布大学いのちの博物館へ、どうぞお気軽にお越しください。

いのちを学ぶ

麻布大学では、病と闘う動物たちと向き合い、その死のメカニズムから、”生の軌跡”を明らかにしてきました。そうした研究成果を広く伝え、また、動物標本を通した五感での体験をしていただくことで、子どもがいのちの大切さを学び、生命の神秘さを感じていただくれば嬉しく思います。
当館は、「いのち」を学ぶことができる身近な学習の場として、これからも様々な展覧会やイベントを開催して参ります。

館長から皆さまへ

いのちの博物館は麻布大学創立125周年を記念して平成27年にキャンパス内に設立されました。
獣医系、生命環境系の大学として長い歴史の中で蓄積してきた多種多様な動物標本を中心に、歴史的に貴重な資料等を展示し、一般に公開しています。
学術的であり、来館者にわかりやすくインパクトのある展示を心がけ、大学らしさを大切にしています。
幼稚園児、小中学生から御年配までの幅広い世代の方々が、本物の標本の迫力と魅力を肌で感じ、いのちの大切さを学び、楽しんで頂けると幸いです。
地域の身近な博物館としてぜひご利用ください。

LOOK UPその他コンテンツ

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

ご予約はこちら

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

ご予約はこちら