BLOG

いのちの博物館だより

2016.01.27

麻布大学 学生インタビュー(1/2)

麻布大学獣医学部動物応用科学科の学生演習としていのちの博物館を利用しています。

学生に自分が解説したいコーナーを選んでもらい、それについて勉強をして、ほかの学生に解説をするという内容です。学生はふだんは「聞く側」ですが、自分が「聞かせる」あるいは「聞いてもらう」立場になると、知識があいまいではつとまりません。

そういう体験をすることはとてもよいことだと思います。

この学生はミナミコアリクイの標本の前で、自作の模型を使ってアリクイが長い舌でアリを食べるところを説明しています。

大学博物館は学外の来館者に開かれたものというところに最大の存在意義がありますが、こうして学内の学生の教育にも役立つことはたいへんうれしいことです。

(高槻 記)

ミナミコアリクイの標本の前で、手作りの模型で解説する学生(麻布大学の実習)

LOOK UPその他コンテンツ

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

ご予約はこちら

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

ご予約は
こちら

当館で保有している標本を学習教材として貸出をしております。

学習教材の
貸出