BLOG

いのちの博物館だより

2019.07.01

相模原市青少年学習センターにてアウトリーチを実施しました。

2019年6月30日に相模原市青少年学習センターにて「あそびの学校」が開催され、本館のアウトリーチとして高槻上席学芸員が粘土制作の指導をしました。約30人の小学生が参加し、はじめに粘土の説明、粘土での動物の作り方のコツ、動物の形の説明などをしました。
説明の後、子供たちはペンギン、ウミガメ、イルカ、ハクチョウ、イヌなど思い思いの動物を作っていました。
中にはカブイトムシやクワガタに挑戦する男子もいました。カブトムシの角やクワガタの顎には針金の軸を入れてもらいました。またイヌや恐竜の脚などは針金や発泡スチロールなどで「骨格」を入れるよう指導しました。女子は同じ動物で3、4匹を作って「家族」だと言っていました。
子供には長時間かと思いましたが、1時間半ほどを集中して制作していました。

あそびの学校①
【思い思いの動物を制作】
あそびの学校②
【高槻上席学芸員の指導を真剣に受けている様子】
ハクチョウ⑤
【ハクチョウ】
カブトムシ③
【カブトムシ】
モグラ④
【モグラ】
あそびの学校⑥
【作品を手に記念撮影】

LOOK UPその他コンテンツ

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

申請書ダウンロードページ

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

申請書ダウンロードページ

当館で保有している標本を学習教材として貸出をしております。

学習教材の
貸出