BLOG

いのちの博物館だより

2016.08.23

日本・アジア青少年サイエンス交流事業

平成28年8月23日に、日本・アジア青少年サイエンス交流事業によって来日したアジアの若手研究者・院生が来館しました。

国は中国、韓国、台湾、ベトナム、タイ、マレーシア、インドのほか、一人ながらモンゴル、カンボジア、ラオス、ミャンマー、シンガポール、フィリピン、インドネシア、ブルネイの人もあり、文字通りアジアを広くカバーしていました。

高槻上席学芸員が展示解説をし、病理学などは黄教授の補足説明がありました。
ロードキル展、プラスチネーション、ゾウとハムスターの対比、歴史などが印象に残ったようです。

博物館が国際交流に役立てるのはすばらしいことだと思いました。

記念撮影(写真はいずれも黄教授による)

LOOK UPその他コンテンツ

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

ご予約はこちら

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

ご予約は
こちら

当館で保有している標本を学習教材として貸出をしております。

学習教材の
貸出