BLOG

いのちの博物館だより

2017.08.29

日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)2017

 平成29年8月24日に、日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)によって来日したアジアの若手教員及び大学院学生が来館されました。

 この事業は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が推進しているもので、本学でも毎年実施しています。
 今年も、アジア19か国の獣医関連トップランキング大学23校から、24人の若手教員及び大学院学生を本学に招へいし、「人と動物の感染症に関わる国際防疫ネットワーク構築と人材育成」をテーマに、平成29年8月20日~29日の10日間にかけて、実習・講義等を行いました。

 この事業の本学実施主担当者である黄教授の引率の下、高槻上席学芸員の展示解説を聞きながら、館内を見学いただきました。

 このような国際交流に、当館が少しでもお役に立てたことを大変嬉しく思います。

 170829_2.JPG
  高槻上席学芸員による解説を熱心に聞いている様子

 170829_3.JPG
  ハンズオンコーナーで、本物のゾウの骨を触っていただきました。

 170829_4.JPG
  解説終了後も、熱心な質問が途絶えませんでした。

 170829_5.JPG
  写真スポットで記念撮影

LOOK UPその他コンテンツ

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

ご予約はこちら

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

ご予約は
こちら

当館で保有している標本を学習教材として貸出をしております。

学習教材の
貸出