BLOG

いのちの博物館だより

2018.04.04

タヌキ標本の作成準備

4月3日に交通事故にあったタヌキ標本の作成準備をしました。

2017年10月2日に東大和市でタヌキの交通事故死体を東大和南高校の長谷川博之先生が確保され、本館に提供いただきました。

その標本化作業をミュゼットが行うことになり、その準備作業に高校生5人が参加しました。高校生は初めての体験だったので緊張気味でしたが、外部計測や体の作りの観察ができて充実した時間を過ごせたと言っていました。

今後ミュゼットが骨格標本を作成する予定です。

実習室を終えた東大和南高校生。左端が長谷川先生、右端が高槻上席学芸員

LOOK UPその他コンテンツ

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

ご予約はこちら

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

ご予約は
こちら

当館で保有している標本を学習教材として貸出をしております。

学習教材の
貸出