NEWS

お知らせ

2019.01.09

新展示:フクロウなど

フクロウはネズミを食べることに特化した猛禽で、本館の企画展示でも取り上げましたし(2017年7月、こちら)、
今年も「フクロウの巣からネズミの骨を取り出す」というワークショップをしました(こちら)。

この標本は麻布大学いのちの博物館上席学芸員の高槻成紀が2004年に宮城県の金華山島を歩いているときに偶然発見した新鮮な死体を発見して確保したもので、状態が良かったので、骨格標本に羽をつけた見事な標本になりました。

このほか、新たなアオウミガメの標本と従来から展示しているサキとともに展示しています。

LOOK UPその他コンテンツ

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

ご予約はこちら

団体様(5人以上)で見学される場合は、2週間前までに事前にご予約いただく必要があります。

ご予約は
こちら

当館で保有している標本を学習教材として貸出をしております。

学習教材の
貸出